ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

タッチアンドゴー 第二十六話
タッチアンドゴー 第二十六話

今日で3度目の飛行タッチ、アンド、ゴーである。
どうであろうか10回以上着陸を試みるもうまく行かない!!
速度が60ノットで、機首が下を向き、着陸態勢に入ると何故だか、地上に吸い込まれていくような感覚に陥る。
着陸には、早すぎたり、高度が低すぎたり、スピードが無さ過ぎたり
隣に座るインストラクターがいなければ、何度クラッシュ(地上に激突)して死んでいる事だろう!!
やはり着陸は難しい、現在まで一度も自分での着陸の成功は無い!!
ただ着陸する前段階で、ランウェイを確保する事がようやく出来る様になった。
旋回し、ディセンディングターン、フラップを全開に下げ、速度60アイドリング間直まで、スロットルを引く。
飛行機が沈み込むタイミングを見計らいフレアー(操縦桿を引き)水平にもどす。
滑走路に達する距離が短かったり、機体が斜めを向いたまま、ランウェイに下りたり、いろんな方向から吹く風に
翻弄されながら練習は続く。
毎回怖い思いをする、額からは、冷や汗が出っぱなし、その汗は、また目に入り周りを見えにくくするので、
首にかけたタオルで汗をぬぐう。
着地と同時にフラップを10度まで上げ、今度はスロットルを全開にし、ヨークを引いて再び飛び上がる
フラップを元の位置にもどしヨークを引き続けて機体を上昇させる、一連のパターンを体に覚えさせるのだ。
先ほどと同じコースで再挑戦の始まり、上昇しながらのクライムターン1000フィイトでの水平飛行とレベルターン。
続いて下降ポイントが近づき、はじめに10度フラップをおろしながら下降して高度を落としながら着陸態勢へと入る。
タワーとの交信で、今日はこれで最後の着地へ入る。
下降ディセンディングターン滑走路をめがけランウェイを確保、風は斜め右上方向からふいてくる。
機体を風に流されないように真直ぐランウェイの白線に向け体勢を整える。
高度600フィート速度60ノット高度が低すぎる、スロットルを押せ!!声が掛かるが、手が動かない。
次ぎに、フレアーフレアーと声が掛かるが、ヨークがうまく引けない!!
ブレーキを踏込み過ぎ!!軽く3度くらいにしないと焼きついてしまう!!
前回も勉強したでしょう!!と声が掛かるがうまく出来ない!!今回も、とてもじゃないがうまく出来たとは言えない。
飛行機は無事、滑走路の上に着地したが、手の震えが止まらない!!
駐機場へとセスナを戻す、飛行後のラスト点検、チェックを終えエンジンを切る。
まだ手の震えが収まらない、Kさんが大丈夫ですか?と声を掛けてくださった!!
どうも手の震えが止まりません!10回や20回最初は皆そんなもんです!!徐々に慣れていきます心配しなくても良いです。
整備用のフライトレコーダーを持ってきてください。
Sさん、もうそろそろ単独飛行の許可をとる申請をしないといけません!!
フライトログ、ブックとスチュウデントパイロットのIDを、持ってきてください、申請書を書きます。
いや、いや、まだ、まだです!!とても一人で飛ぶなんて出来ません!!
しり込みする私に、大丈夫もう少し練習すれば出来るようになります!!
政府機関の(ATO)に、一人で飛ぶ許可を出してもらわないと単独飛行は、出来ないシステムなのです。
申請だけは、先にしておかないといけません!
横から、私に任せておけば大丈夫コウラさんが笑顔で言う。
はい、では、お願いします、もし良ければその申請書のコピーをください、記念にします。
いつか!一人で飛ぶのに、こんなにびびったこともある、と言う笑い話になると良いな!!


スポンサーサイト
テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報
トラックバック(0) コメント(0)

<< 滑走路が短い 第二十七話  | HOME | ここのところ良い天気 第二十五話 >>
コメント


トラックバック
この記事のトラックバックURL
>> http://flyingclub.blog98.fc2.com/tb.php/36-b7795d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。