ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

そろそろ雨季に突入 第二十二話
そろそろ雨季に突入 第二十二話

朝6時に起き、空を見上げる、霧が出ていて、コンディションは、あまり良くない。
オムニの、飛行待機所で、霧が晴れるのを待ちましょうと! 電話がかかり、Kさんを迎えにいき、事務所に入った。
やはり、白色燈の点滅で、視界が5キロほどしかなく、飛び立つ事ができない。
近郊エリヤには、1機の飛行のみが、許される状態で、訓練飛行には許可が出ない!!
太陽が、出てきました、もう少し待ちましょう。
しかし時間は、8時30分訓練飛行(チャーリ)エリヤの霧は晴れない、駄目ですね飛ぶ方向を変えましょう!!
急きょ、IBA(イバ)の、訓練エリヤに、行く事になった、0時00分、機体の点検に入り、
ガソリンを満タンに!とリクエストを出した。
8時36分エンジンスタート、スターティングサアークルまで進み、エンジン回転をフルにする。
時速60ノットヨークを引き、飛び上がる。
雲は、多く、風が強い、機体が流され、思うように平衡が保てない!!大丈夫!!5500フィイトまで上がってください。
聞きなれた言葉に、イエッサー、雲の間を、縫うように機体は、上昇しウイングレベル(水平飛行)に移った。
方向100をキープ(S100)前方には、大きな入道雲、雲を避けて進む4500フィイトに速度と高度を落としてください。
エンジン回転を、落としスピード調節(エーアースピードコントロウル)の訓練に入る。
上昇し右回転、左回転、(クライムターン)今度は、下降しながらの、右回転、左回転(デセンディングターン)。
ヨークを引き、失速の、危険信号を、確認しながら、元にもどす訓練、パワーを、最低にし、速度失速により、落ちる訓練!!
エンジンに、パワーが無くなり、機首が下がり、キリモミ状態と、なって落ちていく!!!訓練で無ければとても怖い!!
外海に、出てしまいました、もう少し、海岸近くまで戻りましょう?訓練中に、事故が起きても、海岸近くなら、泳いで戻れます?
キャプテン、私は、かなずちです、あまり脅かさないでください!!
じゃーしっかり、練習して、落ちない操縦を、覚えましょう!!ラジャー
信号が、聞こえたら、ヨークを引き、機体を上昇させ、スロットルを押し込み、正常にもどします。
着陸の時、このような状態にならないように、しっかり覚えて、ください、高度が低いときにこの状態になると、とても危険です。
もう一度、やってください、何度も、訓練は続く。
前方に、イバの滑走路が、見えますか?はいキャプテン、低速にして、機体を平行に保ち、高度を、落としましょう。
風に、流されないよう、滑走路を、とらえてください!フラップを降ろし、着陸態勢オムニより長い滑走路に無事着陸。
人気もまばらな、のどかな、イバの空港に、10時03分着陸し、駐機地に着いた。
出迎えは、空港関係者1名と、ガードマン1名のみ、何も無いような場所で、人家がまばらにあるが、人が、いない?。
しかし、滑走路脇に、真新しい学校が、出来ている!!オールアジア、アビエイションと書いてある。
今、インド人の学生が多く、学びに来ていて、生徒数が多く、たくさん学校が、出来ているとの事だ!
水分を、補給し、少し休憩を取り、再び空港の駐機場に戻り、飛び立つ前の点検と、チェックをし、帰途に着いた。



スポンサーサイト
テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報
トラックバック(0) コメント(0)

<< イバからOMUNIまで 第二十三話  | HOME | 日本人インストラクター誕生 第二十一話 >>
コメント


トラックバック
この記事のトラックバックURL
>> http://flyingclub.blog98.fc2.com/tb.php/32-e8dfa8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。