ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

最悪な飛行 大空へ 第十五話
第十五話
最悪な飛行

今日の飛行訓練はさんざんだった!
なれない機長に、早口の英語2回目と言えど、上がってしまってうまく返事が出来ない。
滑走の練習も無いまま、即ランデングエリヤに入りそのままテイクオフ。
寿命が3年ちじまった。
もう少しで失速して遭えなく草むらに突っ込む所であった。
プタ、ゲナ、モ、バカかお前は、と罵声が飛ぶ、テイクオフの時、飛び上がるとは思わず、パワーアップをしなければならない時に
スロットルを引きパワーダウンさせてしまったのだ。
インストラクターの機転により、何とか救われたが、もう心臓がなりっぱなし。
その失敗のせいか、次の訓練がパニック状態レフトターンもライトターンも水平飛行ももう完全に上の空。
操縦桿を握るのさえ怖い
本当にこんな事ってあるんだと(頭が真っ白な状態で、何も考えられない、やる事がわからない)初めてこの年になって経験した。
憧れの世界は、恐怖と裏腹にあることを学んだ。
話では聞かされていた雲の中に入ってしまい右も左も解からず、パニックに陥り恐怖の時間を過ごしただとか!
エンジンが止まってパニクッタ(頭が真っ白になったとか)体験談もさることながら、今回自分が体験してしまった!!
離陸6時45分、着陸8時25分、無我夢中で、飛んで過ぎた1時間30分であった。
着陸後、我に帰った私は、丁重にお詫びをキャプテンに伝え、オフィイスに引き返した。
キャプテンの、今日、私との、フライト日誌には、何と書かれているのだろう?
きつと、馬鹿な日本人が、とんでもない事をして、事故を起こしそうになった、とでも書かれていることだろう!!
やはり言葉の解かる同じ日本人のインストラクターに同乗して欲しいと思う。
早くKさんの免許が書き換えられて来ないかと期待まちしています。

スポンサーサイト
テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報
トラックバック(0) コメント(0)

<< 復活 大空へ 第十六話  | HOME | 私の初フライト その2 大空へ 第十四話 >>
コメント


トラックバック
この記事のトラックバックURL
>> http://flyingclub.blog98.fc2.com/tb.php/25-7579f69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。