FC2ブログ
ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

スチュウデントパイロット 大空へ 第十一話 
第十一話
スチュウデントパイロットの免許とIDカード

スチュウデントパイロットの免許は本当は、ATOからピンクのカードで発行されるのだけれど、トップの更迭という事態を迎え混乱が
一向に収まる様子が無い、その為にオムニではオリジナルのカードを発行するように手続きを取った。
写真を貼ったのは熱気球の操縦免許を利用した茶色のカードで、あまりうれしくは無いが、SPLと書いてある。
これで私も空を飛ぶ、資格が与えられたのだとすこしうれしくなった。
そしてもう一つは受験の為のIDカードである。
このカードは、オムニの学生である証明と、受験資格を有するとの証明にもなり、大切な証明書である。
1×1の写真6枚と2×2の写真2枚が必要となる。
近くのSMクラークの写真屋で、デジタルカメラで取ってもらった。
まじまじと改めてみる自分の顔が、かなりおじいさん顔になっているのに少しがっかりした。
自分でもずいぶん年を取ったものだな~なんて?  
ふだんはあまり自分の顔をマジマジ見たりしない。
いつも気分だけは20代の様な気分だが、外見だけは自分の意に反してどんどん年を取る、そのギャップが口惜しい。
ある意味ではこの国は若さが満ち溢れている、あまり年寄りの姿を見かけないし、大きなお腹をした妊婦や小さな子供がたくさんいる。
日本にいると年相応さが付きまとうが、この国では外国人の年寄りが、若い女の手を引き、かくしゃくとして楽しんでいる。
そんな光景や、日本のくすんだ年寄りおも若返らせる、少なくとも私の見る限りでは年寄りが元気だ、そんな何かがある国なのだ。
喩え私達の年代になっていても何かにチャレンジしたくなるような何かがここにある。
一生は一度きり悔いの無い人生を楽しみましょう、果たせない夢は無いかもしれないチャレンジ有るのみ。
ナンチャッテ・・・・・
そんな事を思い考えながら、写した写真、それを持ってオムニに向かったが!!
もう1週間ATOの様子を見ましょうと言われ、少しがっかりしながら、また帰途に着いた。

講義の終了と同時にテストがある。
何処の勉強でも同じだと思うが、理解したかどうかのテストがある。
ここオムニの飛行学校でもこのテストは欠かせない重要な試験である。
日本人だからと手は抜いてくれない、テスト勉強が必要である、が英語が良く理解できない私は、まずどんな問題が出て、如何答えたら
良いか、まずテストの問題を理解しなければならず、そこが大変で重要な課題である。
前回も書いたが、最初に取れる点数はせいぜい半数もあれば良いほうで、赤点のつく点数もしょっちゅうである。
が、テスト問題は回数を重ねるごとにだいたい見えてくるようになった。
重要な点に絞って、出てくるパターンを見つけた、これを重点的にやれば何とか及第点は取れそうである。
少し光が見え始めた、次の試験はきっと良い点を取ってみせると思えるほどになった。
が、及第点は75点以上である、もう少し勉強を重ねる為、少し時間をもらった。
もう若いクラスメイトは、さっさと乗り越えて、順調に前に進むが、私は時間をかけて取り組むことにした。
しかしフライト体験の時間が迫る。
まるっきり解からないでは、空を飛んでいる時に何か、もしトラブルに巻き込まれたら大変と慎重にならざるおえない。
ただでさえ最近、軽飛行機のトラブルが相次ぎ、新聞に、でかでかと載りびっくりさせられた。
一つはマニラのマカテイにエンジントラブルで不時着との大見出しで、ひっくりかえったセスナが第一面に写真つきで映し出されて
いて、すんでの所で大惨事、になりかけたが乗員は軽症ですんだとか。
ミンダナを付近で軽飛行機不時着、乗員に怪我はなしとの報道がたてつづけに有った。
明日はわが身と、気の引き締まる思いで新聞を読んでいる。
今回の最終テストは、頼み込んで後に回してもらった。
いよいよ初フライトに挑戦である、日程を決めてもらった、明後日、朝10時にフライト訓練のスタートである。
興奮で眠れない、空から眺める景色はさぞ気持ちの良い物であろう?などと考えているが、現実はわからない。

スポンサーサイト
テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報
トラックバック(0) コメント(0)

<< 初フライト 大空へ 第十二話  | HOME | 英語の授業がわからない その2 大空へ  >>
コメント


トラックバック
この記事のトラックバックURL
>> http://flyingclub.blog98.fc2.com/tb.php/21-deacbd3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。