FC2ブログ
ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

入学願書を書く 大空へ 第七話
入学願書を書く

少し話は戻るが、入学申込書を書き込みに行った。
やはり英語の説明にイエスとしかいえない私に、かなりのチエック項目がある。
住所、名前、生年月日、まあここまでは良かったが、取りたいライセンスの種類、機種、何がしたい。
希望、要望、この学校をどうして知った、誰の紹介か?他のライセンスはあるか?
目標はCPL又わPPL・・・・う~ん解からん。
黙ったまま、書類を見つめる私にやっと助け舟が現れた。

キャプテン、ジョセフである(この人は後で私の学科の先生になる人)。
「ミスターSさんはあまり英語が得意ではなさそうですね。私が代わって訊ねましょう。」
と解かりやすく話してくれて、その回答はマネージャーのコウラさんが筆記してくれてた。

入学金と学科の受講料。
本や書籍レコードブックや。
計算尺(こちらではフライトコンピュータと呼ぶ)。
地図やその他もろもろで、いくらぐらいかかるという説明があった。

前回でも述べたが、まず、健康診断とNBIが通らないとこのコースには進めない。
こちらの学校から検査請求をしてもらう事にした。

検査費、NBIサポウト料、施設使用料、入学金、各種証明書(スチュウデントパーミット、ID)。
その他もろもろで、まず25000ペソのデポジット。
ATOの結果次第で返還もありうるとの事。

無事に突破できれば、その先に進む事ができる。
学科に進む時には、さらに学科受講料として23000ペソ約6万円のデポジットが必要となります。

教科書や、パイロットハンドブック、フライトコンピュウター地図などが最初に必要となります。
これがだいたい13000ペソ。

25000ペソ+23000ペソ+13000ペソ=61000ペソ(約180000円位)
これが最初に必要になる払い込みの総額です。

実際にフライトの練習に入ると多額のデポジットが必要になり、セスナ152とセスナ172では利用料金にもかなりの差が出るということも聞いた。

セスナ152は、1フライト5000ペソ。
セスナ172ではなんと9000ペソもかかると言うのだ。

倍の値段。
セスナ172は断念するしかないと思った。
私の目指すのはセスナ172なので迷ったが、その場での返事をせずにあとでKさんに聞いてみる事にした。
Kさん曰く「だいじようぶです。まず先にセスナ152を取り、次に10時間セスナ172に乗れば受験資格が出来ますのでそうやって取ればよいのです。」

免許の更新でセスナ152を切り捨てて、セスナ172のみの更新をすればよいと教えられた。
ちなみにセスナ152とセスナ172の違いは2人乗りか4人乗りかの違いで機種ごとにパイロット免許が分かれています。

日本ではPPLプライベートパイロットの免許は1種類だそうで、その点ではフィリピンは面倒で複雑になっています。
願書を書き終え外に出ると心地よい風がふいていた。
外では学生がせっせとセスナを飛ばしている。
よし俺も、この夏までには一人で空を飛んでやろうと、ひそかな闘志を心に刻みオムニアビエイションを後にした。



スポンサーサイト
テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報
トラックバック(0) コメント(0)

<< 学科のスタート 大空へ 第八話  | HOME | NBIに行く 大空へ 第六話 >>
コメント


トラックバック
この記事のトラックバックURL
>> http://flyingclub.blog98.fc2.com/tb.php/16-855628cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。