FC2ブログ
ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

NBIに行く 大空へ 第六話
第六話

NBI に行く
ただの届け出のはずが、どういう理由か訳かわからないほどの混雑に遭遇する。
NBIの入居するビルに到着したのがアフターランチ後の1時半なのに人の輪がぐるっとビルを取り囲みすごい人の列に並ばねばならない。
最初に6階の事務所には簡単に入れたのでこれは簡単と思っていたのだが、記入書類をもらった後が大変。

第一ステップで申し込み用のスタンプをもらうこれが又大変な作業で、毎日何千という人がこの列に並ぶと言う。
海外へ行く人、何かの証明を取る人、就職、就学、等あらゆる証明書を作成するにはまずこのスタンプから始めなければいけないそうで
この人ごみたるや、正月明けの初売りにデパートの福袋を買いに並ぶ人のようだ。
しかし私本人は行ったことがない、テレビで見ただけのことだが、今現実の事としてこの人ごみに並ぶこと、約2時間半やつとの思いで

スタンプを手に入れた、が?第二ステップで又驚かされた。
今度は4階に進んだのだけれど、大きな講堂いっぱいに人の列が続く、どの列が第二なのかわからず、側にいる人に聞きながら第二ステップの列に並び、
あまりの人の多さで、暑さと息苦しさに頭がボートしてくるし、人の熱気で汗が噴出す。
列に並ぶこと1時間やっと第二案内書でサインをもらう。

今度は第三ステップに進むがこの列が一番長いそれでも2時間くらい並びサインを手に入れたが第4ステップと第5ステップが残っている。

もう閉館の時間が迫り翌日にもう一度という時に助け舟が現れた。
オムニのスタッフRの友達が現れ第4ステップの写真を写すというセクションで前列に案内してくれた、もう少し早く来てほしかったが
贅沢くも言えず感謝をし写真機の前に滑り込んだ。
顔写真を撮り終えると今度は指紋をカードに写し込む作業に移り、終業ぎりぎりに列に入り込みやっとの思いで半日でこの行程を終えることが出来た。

外へ出ればすぐ日が暮れてきた、大変な一日であつたRも私ももうくたくた、チョウキンで食事を取りアンへレスに引き返した。
我慢と、辛抱、時間との戦いである、こんな大変な事もしなければならないというパイロットへの登竜門である。


スポンサーサイト
テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報
トラックバック(0) コメント(0)

<< 入学願書を書く 大空へ 第七話  | HOME | フィリピン航空運輸局の検査(ATO) 大空へ 第五話 >>
コメント


トラックバック
この記事のトラックバックURL
>> http://flyingclub.blog98.fc2.com/tb.php/15-c090d28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。