ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ。 フィリピンのアンヘルス市にある飛行クラブです。 元空軍のが使用していたクラーク空港をメイン空港として使用しています。飛びたい方大歓迎。
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-)

私の初フライト その2 大空へ 第十四話
第十四話
私の初フライト その2

本日、曇り時々少量のにわか雨という気象条件の中、3時にインストラクターのKさんと待ち合わせをしてオムニに向かう。
バイクにまたがり意気揚々と出かけた、しかし今日もキャンセルの公算が出てきた。
雲が多く、少量ではあるが、にわか雨も降り出す始末、多分大丈夫のだろうと、Kさんが言う。
4時のフライトが天候の為少し遅れると言う、でも!!フライトプランは、書き上げて、キャプテンの登場を待った。
またそこで、オムニのマネージャのコウラさんがやって来て、ミスターSさん今日は、ジョセフさんが都合により来られません。
ですので、新しいキャプテンを紹介します!、今日のフライトは、キャプテン ボッドが、担当します。
エー!!そんな話は聞いて無いよー!!チョッとびっくりしたがそれも仕方ないと諦め、フライトコンディションの回復を待った。

4時30分やっとOKが出た。

IMG_0320m.jpg


早速飛行機の点検に取り掛かり、チェックが終わるのをまってキャプテンが早速の乗り込む。
エンジン始動、発進用の点検をし、ランデングサークルまでのヨチヨチ歩き、スロットル全開のテストが続く。

IMG_0352m.jpg


いよいよ滑走路に入る。
プロペラが2500以上の高速回転となる!真直ぐ直線コ-スに進入、操縦桿をグーイと引く、ふわっと機体が中に浮く。
と、、飛んだ!!どんな感じか!何かゴムボートに乗ったときのような感じに襲われる。
いや水の上じゃない空気の海に乗った感触だ!!ずーッと飛行機は上昇をつづける!!雲とセスナのノーズしか見えない。

IMG_0354m.jpg


でも今飛んでいる、という感触だけはお尻の下に感じる。
2500フィート、水平飛行に入る、やっと前が見えてきた、地平線に鼻先を向けウイングレベルとインストラクターの指示が飛ぶ。
肩に力が入りすぎ、操縦桿を握る左手腕が痛い、右旋回、左旋回、スロットルの回転数を上げて操縦桿を引け!と声が飛ぶ。
飛行機が傾く度にひゃ汗が出る。
リラックス、リラックスキャプテンの声も、今わむなしく響く、周位の景色を楽しむ余裕など今は少しも無い。
目に入るのは、前に山がある、下は田んぼが広がっている!てなもんである。
1500フィートまで降りろとの指示で、操縦桿を押す、もっとスローに!!キャプテンの声がする!!
何か、真っ逆さまに落ちていくみたいな気がした、はーあ~とため息が洩れる。
アーユウ-ナーバス、ユーOK ドントウォ-リ!!心配ない、大丈夫と声を掛けてくれるが、生きた心地もしない。
さーあ帰りましょう!もう一度高度を1500まで落とし、高速道路が見えてきたらそれに沿って飛んでください。
左手にオレンジの屋根が見えてきたら、左旋回オムニの滑走路が見えますか?イエース キャプテン!!
では、フラップを降ろし、エンジン回転を1700まで落としたら、フラップをもう一段落とし着陸体制に入ます。
機体はゆっくりと速度を落としフワーッと風に乗った、良く覚えていない!!
どーんと鈍い音がして、機体は地上に降りた。
軽くブレーキを3回エンジン回転を落とし駐機場所に戻る。
最後の点検確認を行いエンジンを切った。
深いため息をして、地上に戻れた事を喜んだ、初めてのフライトであった!!。

スポンサーサイト

2008/05/05 Mon | 未分類 | ▲PageTop
トラックバック(0) コメント(0)

私の初フライト 大空へ 第十三話
第十三話
私の初フライト

3月14日私の初フライトの日がやって来た。
朝4時におきて、準備を始めた、いつもの手順で顔を洗い、歯を磨き、服を着て、あらかじめ外に止めてある車に乗り込む。
未だ外は暗い、前もって頼んでおいたインストラクターのKさんを迎えにホテルまでいった。
約束の5分前に彼は現れ、車に乗り込む、車はオムニに向かい、まだ暗い道を走り出す。
でも案の定、オムニのオフィイスに電気は、ついていない。(フライトの生徒があるのにちょっといい加減)
メカニックの人に声を掛け、オフィスの鍵を開けてもらい中に入るが、クラーク飛行場の無線タワーの信号は未だ夜間用
の白と青の点滅で、全ての飛行機の発進が出来ない状態であった。
しかし空は白々と朝焼けになりつつある。
そんな中、整備士により、セスナの始発点検のエンジン音が響きだす。
さあいよいよだと気持ちを引き締め、フライトスケジュールを書き始める。
そんな準備をしていると、本日の私のインストラクター、キャプテンジョセフが顔を出した、グットモーニング
ハウ アー ユウ ディス モーニングと、私のことを気づかってくれる。
大丈夫快調ですと返すと、では飛行機の点検を、してくださいと指示された。

IMG_0314m.jpg


さあ飛行前の点検に取り掛かり、ハンドルロックをはずし、各計器類、翼の動く部分のねじの点検、胴体の点検、尾翼の点検
ガソリンタンク、燃料の量、オイル、プロペラ、タイヤ、等々の点検が完了し、操縦席に乗り込む。
ヘッドセットをセットし、シィートベルトを閉め、ドアロック、キーを差込む、プロペラエリヤに人がいない事を確認し
エンジン始動、プロペラが廻りだした。
手で、アクセルを調整しながら、セスナを地上で走行させる。
これが又難しい、初めての挑戦の為、真直ぐ進まない、垂直尾翼だけのペダル操作で、真直ぐ進ませる事など初めてで
ペンギンのよちよち歩きみたいに、セスナの頭が振れる、草むらに突っ込みそうになるが、ジョセフが修正してくれる。
やっとの思いで、テイクオフのランデングサークルまで、たどり着いたが、無線の調子が悪い。
何度呼びかけてもタワーが応答しない、メカニックを呼び修理させるが一向に回復の見込みが無い。
マイクを取替え再び挑戦したが接触不良が直らない。
何度もトライを繰りかえしたあとに、キャプテンジョセフが言う、ミスターSさん ソリー、安全の為、今日のフライトは
キャンセルしましよう。
遭えなく本日の飛行は、ラジオコミニケイション不良により17日の午後4時のフライトに持ち越された。
朝から気合の入ったスタートだったが、あーあ、骨折り損の、くたびれもうけになりました。!!
期待が大きいだけに、がっかりも大きい、初フライトのりポートは次回に!!乞うご期待!!


2008/05/02 Fri | 未分類 | ▲PageTop
トラックバック(0) コメント(0)

アンヘルスクラーク飛行クラブ 始動開始です
CIMG1090m.jpg


今日からアンヘルスクラーク飛行クラブ始動です。
まだ会員は少ないですが、楽しい仲間が増えることを祈ってます。

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記
2008/01/22 Tue | 未分類 | ▲PageTop
トラックバック(0) コメント(0)

 | HOME | 
プロフィール

hikoukinori

Author:hikoukinori
飛行免許取りたい。
思いっきり飛びたい。
でも夜は思いっきり遊びたい。
そんな人はここアンヘルスに来なくっちゃ。
一緒に飛びましょう。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


| Home |
(C)2007 ANGELS CLARK FLYING CLUB アンヘルスクラーク飛行クラブ, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。